国内、其れとも海外?

通常、どちらかというと結婚式というのは国内で執り行う、というのが普通かもしれません。日本人の文化、と言うのも関係していますが、家柄、という要素が影響していることもあります。どちらにしても、結婚式を大々的に行うか、それとも小規模で行うか、という点はその人や家柄によって大きく異なっています。

ただし、何よりも大切なことがあります。それが、本人たちにとって『記念となる』結婚式とすることです。一番大事なそのことを、忘れないようにするべきです。確かに結婚式は、自分たちが結婚したということを証明する場でもあります。そして、多くの人がそれを祝います。しかし、大規模に行わなかったからと言って、結婚の価値が薄れるわけではありません。小規模で、本当に親しい人たちだけで行う結婚式というのも、良いものです。

ここで選択できる一つの方法が、『海外挙式』です。海外の会場や、ホテル、スペースなどを借りて、限られた人だけで行う、それが海外挙式の特徴です。国内で行う訳ではありませんから、もちろん多くの人は呼べないかもしれませんが、自分たちの思い出に、深く残るそういった場所で、思い出に残る結婚式を執り行うことができます。他にも、いくつものメリットがあります。